スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY LIFE⑬ ~Hotel chelsea~

2011/03/09 16:18
久しぶりの日記ですね♪


元気ですかー?僕は元気です。

最近はですねー…絵画を描くにあたって壁にぶち当たりましてね…自分のスタイルを模索中なんです。要するにいい意味で少しに詰まってるわけです。

そんな中気分転換に写真家としての活動を積極的にしてたんですけどね…完全に写真にハマってしまいました。それに調子も良くて写真の仕事をコツコツしながら生活してるんです。





今日はですね…、残念ながら絵画の写真はないんですけど少し面白い話をしましょう。








以前、この日記で話したHotel chelseaの話です。セックスピストルズのシド・ビシャスが恋人のナンシーを刺殺した場所で映画『レオン』のロケ現場としても有名です。

まぁ、煮詰まった僕は社会見学に行って来た訳です。



s_IMG_4378[1]

『Hotel chelsea』



そんなホテルに撮影を依頼し中に入って撮影してきたんです。このホテル…螺旋階段になってて10階まで行けるんだけど10階まで昇って降りる時はエレベーターで下ったわけです。6階にエレベーターが止まった時…黒人のおばさんが乗ってきて僕の後ろにチョコン…と立つんです。そしてそのおばちゃんに聞いたんです『シドがナンシー殺した部屋はどこですか?』と。そしたらそのおばちゃんは『301…』とぼそっと話すんです。

僕はthank youを言って急いで動いてるエレベーターを止めて3階で降りました。そして301のあるフロアーを真っ直ぐに歩き出しました。

薄暗いフロアーを歩き、突き当たりの部屋番号を見るなり…『302』301なんて部屋がないのと部屋の順番が逆になってるんです。奥が小さい数で手前が大きい数。何を根拠にあのおばさん301って言ったんだろう…。僕はなんだか恐い気持ちになりホテルから帰りました。家に帰ってネットで調べたら少し昔シドの居た部屋は改装されなくなった…と。

翌々思い出したら…一番奥に302があり手前は312になってました。その312の一番手前に一つだけ壁紙の違う物置部屋があったんだけどそこがきっとシドの居た100号室。ナンシーが死んだ部屋。

実は…そこに入ろうとしたんだけどちょっと入れる雰囲気ではありませんでした。恐すぎるんです…。壁紙もライトも扉も趣があって。。


結局、飾ってある絵画の写真を撮って帰ってきました。以下はHotel chelseaの写真です↓

s_IMG_4392[1]


s_IMG_4394[1]


s_IMG_4397[1]


s_IMG_4401[1]


s_IMG_4407[1]


s_IMG_4409[1]


s_IMG_4412[1]


s_IMG_4413[1]



行けば解るけどこのHOTEL絶対普通じゃない。NYの貴重な社会見学でした♪







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。